国連、SNSで極左過激派アンティファを擁護 のちに削除

2020年06月22日 ライブドアニュース

国連はソーシャルサイトの公式アカウントで、米国など世界各地で暴力行為を扇動している極左過激派「アンティファ」や他の左翼組織を擁護した。ジュネーブの国連事務所は6月19日、公式ツイッターアカウントで、アンティファが使う旗の画像を掲載し、「アンティファと他の反ファシスト活動家を国内のテロリストとして形容する、米国司法長官の最近の声明に深い懸念を表明する」とした。これは、国連内の自由と平和的な集会の権利に関する専門家グループの見方だという。

<略>トランプ大統領は5月31日、政権はアンティファをテロ組織に指定すると発表した。この表明について、国連のフィヌエラ・ニー・アオライン氏は、「思想の自由の侵害にあたる」として政権に懸念を表明した。国連によれば、今回のアンティファを擁護する見方は、同氏の意見が含まれる。

アオライン氏は国連で「テロリズムとの対抗および人権と基本的自由の促進と保護に関する」特別報告官を担当する。同氏は、投資家で左派リベラリストのジョージ・ソロス氏が設立した国際的な助成財団の女性プログラム理事長も務める。

2020年06月22日 19時17分

15人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

への返信

ログインしてコメント