やっぱり2位じゃダメ!? 立民・蓮舫副代表、スパコン「富岳」世界一に敬意

2020.6.23  ZAKZAK

 世界のスーパーコンピューターの性能を比べる「TOP500」が22日発表した最新の計算速度ランキングで、理化学研究所計算科学研究センターの新型機「富岳」が世界一に輝いた。計算速度は毎秒41京5530兆回で前回王者の米国のスパコンを大きく引き離した。富岳はその他3部門でも1位となり世界初の“4冠”を達成した。

日本勢の1位は9年ぶり。立憲民主党の蓮舫副代表は「文部科学省も理化学研究所も、前向きな改革に取り組んで来られた努力に敬意を表する」と共同通信の取材に文書で回答した。旧民主党政権の事業仕分けで「2位じゃ駄目なんでしょうか」とした自身の発言に関し「速度が世界一になったとしても、使い勝手が悪ければ使われない。スピードばかりにこだわる理由を問うた」と説明した。

2020年06月23日 21時01分

16人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • hildegald
  • 面の皮が厚くないと政治家なんてやってけませんね。

  • 投票先:蓮舫氏の発言は白々しくて恥ずかしい
  • 2020年06月23日 23時18分
  • 1 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント