「朝鮮大学も『学生支援緊急給付金』の対象に」と日本市民団体が文科省を訪問!

〈学生支援緊急給付金問題〉実態踏まえ、朝大生にも給付を/市民団体が文科省要請
(朝鮮新報 2020/06/23)

「学びの継続」をうたい日本政府が創設した学生支援緊急給付金の給付対象から朝鮮大学校の学生たちが除外されている問題と関連し19日、「外国人学校・民族学校の制度的保証を実現するネットワーク・埼玉」の斉藤紀代美共同代表、「日朝友好女性ネットワーク」の坂本洋子代表らが文部科学省を訪れ、朝大生を給付金の支給対象とするよう求める要請を行った。文科省高等教育局の職員が応対した。

「外国人学校・民族学校の制度的保証を実現するネットワーク・埼玉」「日朝友好女性ネットワーク」の連名で提出された要請文は、朝大が各種学校であることを理由に対象から除外されたのは不当だとした上で、様々な分野で活躍する有能な人材の育成など大学として使命を果たしてきた同校の実態を踏まえ、給付金の支給対象に認めるよう求めた。

要請に対し、文科省の職員は、給付金の根拠となる「日本学生支援機構法」に則って支給対象を決めており、「朝大だからといって差別したわけではない」「差別意識はない」と繰り返した。

2020年06月24日 21時28分

25人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • Kazu
  • 文科省の認可を受けていないのに、文科省に要請するのはおかしい。
    外国の機関、施設は母国が補助すべきであり、日本が補助すべきではない。

  • 投票先:朝鮮総連監督下にある朝大は一般大学でない
  • 2020年06月27日 08時37分
  • 1 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント