【速報】共同通信、正職員を300人規模で削減へ! 赤字は8期連続の見通し

2020年06月24日 ヤフーニュース

■共同通信、正職員を1600人から1300人台に
共同通信が現在約1600人いる正職員を2028年度までに1300人台にする方針であることがわかった。水谷亨社長が職員向けのポータルサイトにメッセージを掲載し、表明した。

300人規模で減らすことになるが、300人は全正職員のおよそ18%。昨年は毎日新聞が200人規模、産経新聞が180人規模の早期退職を募っており、新聞不況は加速している。

■30代本社記者「こうなることは目に見えていた」
共同通信は1945年の創立以来、国内外のニュースを取材、編集して新聞やテレビ、企業などに配信しさまざまなメディアを支えてきた。いわばニュースの卸問屋で、例えば地方紙の一面が東京・永田町のニュースや、まったく別の地方の凶悪殺人事件であれば、その記事は共同通信配信のものである可能性が高い。

ニュースの配信を受けるためには共同通信に社費を支払い「加盟社」となる必要がある。現在、加盟社はNHKや日経新聞、産経新聞、毎日新聞といった全国紙、各県の地方紙など56社に及ぶ。

2020年06月25日 10時38分

20人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • Kazu
  • 偏向報道の有無関係なく、今の時代にそぐわないものは衰退するのみ。

  • 投票先:その他
  • 2020年06月27日 18時10分
  • 0 0 返信
    • 報告
  • めり込み黒電話
  • 偏向した記事書いてりゃ誰だって手に取らなくなる、ネットで検索して答え合わせできるしね。

  • 投票先:ネットが発展しているので大手メディア不要
  • 2020年06月27日 09時34分
  • 1 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント