日本知識人「現金化を中断させるために、謝罪し和解金を支給すべき」

2020年07月01日
「日本企業、現金化前に和解始めるべき…歴史は判決で解決できない」
中央日報日本語版

昨年7月1日、日本政府が韓国に対する輸出規制措置に踏み切ると、日本の知識人は「韓国は『敵』なのか」というタイトルの声明を発表した。元外交官、弁護士、市民社会活動家ら78人が主軸となって発表したこの声明は、韓日両国で大きな反響を呼んだ。当時、この声明が掲載されたホームページは「韓国は『敵』なのか」だったが、現在は「韓国は敵じゃない」に変わった。

署名を主導した内田雅敏弁護士と先月29日に約1年ぶりに再会した。内田氏は「歴史問題は判決だけでは解決できない」としながら「差し押さえ資産の現金化が行われる前に日本企業が被害者と和解に動かなければならない」と語った。続いて「1965年日韓基本協定ではなく、歴史に対する認識を日韓が初めて共有した1998年金大中(キム・デジュン)・小渕宣言が問題解決の出発点にならなければならない」とも話した。次はインタビュー全文。 <以下略>

2020年07月01日 19時47分

21人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • Lynch
  • 南朝鮮が法治国家なら判決した時点でアウトでしょ
    現金化しようがしまいが制裁して当然
    現金化まで猶予があるような誘導されてたら日本も同じだということだな。

  • 投票先:その他、もろもろ・・
  • 2020年07月07日 15時20分
  • 0 0 返信
    • 報告
  • 明智嫌い信長好き
  • 最近”真・新、非&悲韓三原則”なるものが巷で広がっているとか・・・

    その一、聞かず、見ず、話しせず
    その二、一切交渉に応じず
    その三、過去に交渉に応じ交遊したことを痛切に反省し、
        心底より懺悔・自己批判する

    こんなものが最近、”ヒ・カン サンゲンソク”って、巷でもっぱら広がりを見せているとか・・・

  • 投票先:非韓三原則!教えない助けない関わらない
  • 2020年07月01日 22時01分
  • 3 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント