日本はやられ放題・・沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域  中国の海洋調査船が活動  調査か

NHKニュース 2020年7月9日

9日午前、日本最南端の沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が事前の同意を得ずに調査とみられる活動を行っていることが確認され、海上保安庁は無線などを使って中止を求めるとともに、警戒を続けています。

第3管区海上保安本部によりますと、9日午前10時40分ごろ、沖ノ鳥島の北北西およそ310キロの日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船「大洋号」が船尾の辺りから海中にワイヤーのようなものをのばし、調査とみられる活動を行っているのを警戒中の巡視船が発見したということです。

国連の条約では、ほかの国の排他的経済水域で調査活動を行う場合は、事前に相手国に同意を得ることが定められていますが、今回、中国側が同意なく活動していたため、巡視船から無線や電光掲示板を使って中止するよう求めました。

海洋調査船は、正午の時点では現場にとどまったままだということで、海上保安庁が警戒を続けています。

沖ノ鳥島周辺では、去年12月にも中国の海洋調査船が同じような活動を行っていることが確認されています。

2020年07月09日 20時53分

15人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

への返信

ログインしてコメント