京都・京丹後市の米軍通信所で感染 30代男性兵士 12、19日に兵庫観光

2020年7月27日 毎日新聞

 京都府は27日、同府京丹後市にある米軍経ケ岬通信所の30代の男性兵士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は不明。軽症という。

 府によると、発熱や味覚異常があり、26日に帰国者・接触者外来を受診して感染が分かった。1人暮らしで12日と19日に兵庫県へ観光に行ったという。兵士は通常、通信所の敷地外の住居から車に5~6人で相乗りして通勤し、13人が勤務する部屋でパソコン作業に当たっていたという。

 通信所には、弾道ミサイル探知用の早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」が設置されている。防衛省によると、米陸軍兵士や米軍が委託する米民間警備員、技術者らが最大で計160人勤務している。

※これっておかしいですよね!米兵が感染し、他人に移したら大きなニュース報道!在日が感染し日本人に移したことを報道したら、ヘイト、差別になる!!

2020年07月27日 17時27分

5人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント