アギャー!・・北朝鮮の日本人スパイが文科省教科書調査官として「つくる会」教科書を検定不合格にした

日本で一番まともな歴史教科書である「つくる会」(新しい歴史教科書をつくる会)が文科省の検定で不合格になったことは記憶に新しい(今年2月に不合格)。

北朝鮮スパイリストに

それに関連する内容が『週刊アサヒ芸能』(7.30特大号)に「北朝鮮スパイリストに文科省調査官」というタイトルで掲載された。
<大幅略>
「Xは日本に帰国後、別の工作員グループに所属し、活動していると見られている。そのグループは、かつてオウム事件などに関与し、日本転覆を図ったことがある。現在は沖縄基地問題などに関わる一方、各省庁にネットワークを築くなどしている。今回の件は文部科学省内のネットワークが動いたとみられており、Xはその実行役者だ。目的は日本の負の歴史、植民地や戦地での蛮行などを子供達に刷り込むようなことを通じて反日思想へといざなおうとすること。Xがやっていることは、まさにそうした情報工作だと・・」
(『週刊アサヒ芸能』(7.30特大号))

※Xは筑波大卒。韓国の脱北者団体が作成した北朝鮮スパイリストに記載されていた。警視庁がすでに入手。Xは今年度の文科省教科書検定官。

2020年07月27日 18時23分

12人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント