G7の拡大にドイツ、カナダ、イギリス、日本が反対 韓国は日本だけを非難

ゴゴ通信
2020年07月27日

主要7ヵ国で行われるG7の首脳会議に非会員国である韓国を招待することについてドイツが反対する意思を見せている。

27日、ドイツのハイコ・マース外相は、地域日刊紙でのインタビューで「G7と主要20カ国(G20)は賢明に編成された二つのフォーマットだ。われわれはG11やG12を必要としない」と明らかにした。

ハイコ・マース外相はかつてG8に属したが、14年のウクライナ·クリミア半島併合後、G8から除外されたロシアのG7会議への参加に否定的な見解を示し「ウクライナ東部だけでなくクリミア半島の紛争を解決するのに意味のある進展がない限り、ロシアがG7に復帰するとは思わない」と述べた。

トランプ大統領は先月、文在大統領と電話で、今年のG7首脳会議に韓国を招待した。韓国を一時的なオブザーバー資格ではなく、G11·G12の正式メンバーとして考慮するということだ。

しかしそれに反対するのがドイツ、カナダ、イギリス、日本。

2020年07月27日 19時58分

12人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • けんけん
  • 好きとか嫌いとかじゃなく、そもそもG7と同じ価値観を共有していない。

  • 投票先:韓国を先進国とみるG7国は一国もいない
  • 2020年07月28日 00時18分
  • 4 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント