米共和党、中国がTikTok利用し選挙に介入する可能性懸念 【速報】自民議連、「TikTok」禁止へ

2020年07月29日

[ワシントン 28日 ロイター] - 米共和党の有力上院議員グループは、中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米国の選挙に介入する可能性を分析するようトランプ政権に要請し、TikTokへの圧力を強めた。

【速報】自民議連、「TikTok」など中国アプリ制限を提言へ!!

TikTokも念頭、中国発アプリ制限を提言へ…自民議連

読売新聞オンライン

 自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(会長・甘利明税調会長)が、中国発のアプリ利用を制限するよう、政府に提言する方針を固めた。

 日本で若者を中心に使われている動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」などが念頭にある。

 ティックトックは、短時間の動画を簡単に編集・投稿できる。自治体が若者向けに政策を発信するため、ティックトックと連携する例も相次いでいる。一方、米政府は「利用すれば、個人情報が中国共産党の手に渡りかねない」(ポンペオ国務長官)として、自国から排除しようとしている。インドはすでに使用を禁止した。

2020年07月29日 19時11分

12人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • けんけん
  • 中華って単語自体が中華思想から来てるやろ。そんな国信用出来んし、中国共産党は人類の敵やぞ。

  • 投票先:中国は覇権主義侵略主義、国民は最大警戒を
  • 2020年07月29日 22時27分
  • 1 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント