アカン! 「おい、二階! 」日本の対中融和勢力を米国が名指し、更に公明党や今井首相補佐官までも・・

2020年07月29日 JBpress

今井氏、二階氏、日本の対中融和勢力を米国が名指し

米国の有力研究機関が、日本の対中融和政策を推進する勢力についての調査報告書を作成した。7月下旬に公表されたこの報告書は、安倍晋三首相の対中姿勢に大きな影響を与えてきた人物として、首相補佐官の今井尚哉(たかや)氏の名を明記していた。また安倍首相の対中政策を親中方向に向かわせる存在として、二階俊博・自民党幹事長や公明党を挙げていた。

この報告書は政府の支援を得て作成された。米国が日本の対中政策形成にこうした強い関心を持つのは、トランプ政権の中国への対決が強まり、日本との対中共同歩調を期待するためだとみられる。

■ 政府の支援のもと2年をかけて調査
ワシントンの有力シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は「日本における中国の影響力」と題する調査報告書を作成し、7月末に公表した。日本の対中政策がどのように形成されるのかをテーマに、中国の統一戦線工作部などの諸機関が日本に対してどのように影響力を行使してどのような結果を得ているのかなどについて広範に調査した。

2020年07月29日 21時30分

16人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • ヒロ
  • 二階氏は直ちに訪中して習近平に直接、尖閣諸島の威嚇に抗議をするべき
    親中派としての実力を今こそ発揮し中国の嫌がらせを阻止できれば親中派としての存在感を示せるだろう

    陰でこそこそ動くことしかできない親中派など売国奴とのそしりを免れない

  • 投票先:官邸はこの際獅子身中の虫親中派を一掃せよ
  • 2020年07月29日 23時02分
  • 3 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント