裁判でNHKが敗訴した「イラネッチケー」を開発した筑波大の准教授が開発の動機を激白!!

週刊新潮WEB取材班のインタビュー記事より要約

NHKが映らない秘密兵器「イラネッチケー」を開発した筑波大学の掛谷英紀准教授が開発のきっかけについて話した。
20200714イラネッチケー開発の切欠は辻元と中山成彬の国会中継動画のうちNHHが中山だけを削除要請したこと

平成25年(2013年)3月8日の衆議院予算委員会で、慰安婦問題について辻元清美は、日本軍の強制ありきの主張をした。

一方、同じ予算委員会で、中山成彬議員は、強制はなかったとする反対の主張をした。

上記予算委員会はNHKで国会中継され、2人の質問はそれぞれYouTubeに掲載されたが、NHKは慰安婦に強制はなかったと主張した中山成彬議員の質問を掲載したYouTubeに対してのみ削除要請をした!

掛谷英紀准教授「一方だけ削除要請するのはいかがなものでしょう。放送法には『政治的に公平であること』とあるのですから、両論併記が当然です。片方だけ削除させるのであれば、公共放送とは言えません。」

掛谷英紀准教授の「イラネッチケー」開発のきっかけは、上記のNHKによる不公平な放送法違反だった!

2020年07月30日 21時07分

14人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • めり込み黒電話
  • イラネッチケーは国会議員が外国籍の職員は何名いるかを聞いても聞く耳持たず、半島人を中途採用して民間より手厚い給料を与えているよ。何処の国営放送なのかな?

  • 投票先:掛谷筑波大准教授の開発動機に敬意を表す
  • 2020年07月31日 11時11分
  • 1 0 返信
    • 報告
  • ゴメちゃん
  • NHK受信料は中国共産党及び南北朝鮮への献金と同義なので払いません。

  • 投票先:NHKは不要、民法は電波オークション導入
  • 2020年07月31日 09時50分
  • 2 0 返信
    • 報告

への返信

ログインしてコメント