情報協定ファイブ・アイズに日本加盟を 河野太郎防衛相と英議員が有効性を主張

2020年07月30日 大紀元

中国の資源依存からの脱却に備えて、河野太郎防衛大臣および英国議員は、現在の英語圏情報協定ファイブ・アイズに日本を加え、情報協力を戦略的経済協力にまで拡大する必要性を説いている。

英国の保守派議員は、ファイブ・アイズの諜報同盟に日本を加えることで、戦略的経済関係の強化や、希少鉱物や医薬品などの戦略資源を確保できると主張している。英紙ガーディアンが7月29日に報じた。
<略>
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで構成されるファイブ・アイズは1946年に、当時のソ連と東欧の衛生国に対する監視を主な目的として英米間で機密協定が交わされ、後にカナダ(1948年)、オーストラリア、ニュージーランド(両国とも1956年)が加わって結成された英語圏5カ国の機密情報共有ネットワークだ。中国共産党の危機に直面するなか、これらの5カ国は最近、軍事、情報、経済の分野でより多くの協力を計画している。

2020年07月31日 19時58分

11人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

への返信

ログインしてコメント