天罰か!・・レバノンベイルートで花火倉庫大爆発!  ゴーン被告宅も全損状況

ベイルート大爆発でゴーン被告宅も被害=ブラジル紙

2020年8月5日 時事通信社

 【サンパウロ時事】ブラジル紙エスタド・デ・サンパウロは4日、レバノンの首都ベイルートで発生した大爆発で、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(66)の自宅が被害を受けたと報じた。

 ともに暮らす被告の妻キャロル容疑者=偽証容疑で逮捕状=が同紙に語った。

 キャロル容疑者は「みんな無事だったが、家は破壊された。ベイルート全域が破壊された」と述べた。ゴーン被告の自宅はベイルートの高級住宅街にある一軒家で、爆発のあった港からは約5キロ離れているという。 

※もっともベイルートのゴーン被告の住宅、法的所有権者は日産だそうです。ゴーン被告は全壊した家屋の復旧立て直しを多分、日産に強硬に要求するでしょうね!

2020年08月05日 10時19分

12人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント