橋下徹氏、第2次安倍政権の功績について「安倍さんのことを大嫌いな朝日新聞が71パーセントを評価」

2020年9月6日 スポーツ報知

 元大阪府知事の橋下徹氏が6日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に生出演した。

橋下氏は「権限と責任が明確になった」などと功績を評価した。さらに「政治の質はメディアの質によっても左右されると思ってまして」とし、朝日新聞の世論調査で安倍政権を71パーセントが評価した結果を紹介し「安倍さんのことを大嫌いな朝日新聞が71パーセントを評価、国民の評価になったんです」と指摘した。

 これを受け「朝日新聞のこの世論調査では、安倍さんの政治を認めることはできないは9パーセント。ところがこの9パーセントの声をメディアはどんどん拡張して、広げているきらいがあるんじゃないですかね」と指摘した。

 その上で、「新聞とかテレビとか見るんですが、9パーセントの声をメディアはさも国民の全体の声のように報じすぎてしまうと、政治は誤ってしまうと思う。きちっとこういう国民の声を政治家に届けるのもメディアの役割だと思っています」

2020年09月06日 14時46分

16人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント