爆弾発言! 岡田克也元副総理、検察への圧力認める?「いろいろ言ったかも」 中国人船長釈放めぐり

2020.9.12 ZAKZAK

2010年9月の沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件をめぐり、当時外相を務めていた岡田克也元副総理(無所属)は11日、船長釈放の経緯について談話を発表した。

 前原誠司元外相は、菅直人元首相の指示だったと証言しているが、岡田氏は「検察幹部とのコミュニケーションを取ることにとどめた」と釈明した。

 談話発表後、記者団に「実際にはもう少し踏み込んでいろいろ言ったかもしれない」とも説明。「『検察が独自に判断した』と(いう形式を)取らざるを得なかった」とも述べており、政権の圧力を事実上認めた形だ。

 談話で岡田氏は、船長を起訴すれば中国は厳しい対日報復措置に踏み切る可能性があると予測していたと説明。「柔軟な措置を取ったことはやむを得なかった」とした。

2020年09月12日 21時28分

8人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント