【北海道】中国資金によって、東京ドーム513個分の大きさの土地を買い占められていた! 水源地や森林、

2020年09月22日

日本の菅義偉新総理が就任して以来、日本の新たな新型コロナの終息を最優先課題としているが、日本の一部メディアは最近、日本政府が日本の土地を外国人が購入していることに正面から向き合うべきだとし、北海道の東京ドーム約513個分の土地の購入先として中国の名前を挙げているほどだ。

夕刊フジの報道によると、近年、日本の水源地や森林、自衛隊の基地や空港周辺の土地を外国人が買い占めており、国の安全保障や生活資源に関わるこれらの土地が外国人に大々的に買い占められ、そのほとんどが中国からのものであることから、日本政府が注意しなければならない事実となっているとのことです。 産経新聞(産業経済新聞)の宮本雅史編集長は著書の中で、東京ドーム大の土地区画約513個が中国企業に購入され、北海道は中国の32番目の道となったと述べています。

日本政府は外国人投資家による土地購入を規制しておらず、それを抑制する法律もないため、中国企業による日本の土地購入が懸念されていたが、いまだに手に負えず、長年にわたって社会的な論争を巻き起こしてきた。

2020年09月23日 00時07分

6人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

コメントがありません

への返信

ログインしてコメント