京大iPS研職員を懲戒解雇 機密書類スキャン 日本にスパイ防止法は必要か?

京都大は31日、iPS細胞研究所の機密書類を無断でスキャンしたなどとして、研究所の50代の女性非常勤職員を懲戒解雇処分にした。京大によると、女性は研究室で書類申請などの事務を担当。平成29年以降、教授が不在の隙に機密書類をスキャンし、自身のハードディスクに保存したほか、教授宛てのメールも無断で閲覧していた。教授がパソコンの画面などが変わっていることを不審に思い、室内に防犯カメラを設置したところ発覚した。女性は、教授室にビデオカメラを設置したり、業務に関係のないメールや文書を大量に印刷したりしていた。事実関係を否認しており、京大は今後刑事告訴なども検討しているという。
京大iPS研職員を懲戒解雇 機密書類スキャン - 産経ニュース https://www.sankei.com

どこの国でも国家の安全保障を脅かすスパイを取り締まる法律があります。機密情報の漏洩を未然に防ぐことが当たり前です。国益が損なわれてる状況にもかかわらず、日本はスパイを取り締まることができません。

日本にスパイ防止法の制定は必要でしょうか?

2020年04月01日 11時10分

90人が回答

投票は終了しました

コメント

ログインしてコメント

  • ms
  • 今尚スパイ禁止法が無いことがおかしい。

  • 投票先:スパイ防止法は必要
  • 2020年04月05日 01時19分
  • 4 0 返信
    • 報告
  • Zbv
  • うーん、よくわからん。外国人だったら米軍に引き渡して適切に処理してもらえば。

  • 投票先:スパイ防止法は必要
  • 2020年04月01日 21時55分
  • 1 0 返信
    • 報告
  • ジル
  • 必要だけど、これはスパイじゃなく私怨か頭おかしい人
    スパイが誰でも見れるネットワークに盗んだデータ置きっぱないし

  • 投票先:スパイ防止法は必要
  • 2020年04月01日 21時02分
  • 2 0 返信
    • 報告
もっと見る

への返信

ログインしてコメント